宝くじについて 

最新情報 当せん番号 宝くじの仕組み

宝くじの仕組み

サマージャンボ宝くじ

    市町村振興宝くじ(通称:サマージャンボ宝くじ)は、市町村の振興を目的として、昭和54年から都道府県(発売元)が受託銀行に委託して発売されています。
 サマージャンボ宝くじの収益金は、各都道府県の人口、市町村数および販売実績に応じて、各都道府県を通じて各都道府県市町村振興協会に交付されます。
 各都道府県市町村振興協会はその収益金を基金に積み立て、貸付事業をはじめ市町村振興事業の支援を行っております。
 また、収益金の一部は、全国的な視野から広域的に活用するため、(財)全国市町村振興協会に納付され、市町村の振興に役立てられています。
 なお、本協会では、平成20年度からは県内市町村を取り巻く厳しい財政状況を考慮し、サマージャンボ宝くじ交付金の基金の一部を「市町村交付金」として市町村に交付しています。

  サマージャンボ宝くじの流れ

オータムジャンボ宝くじ

   市町村の更なる振興のため、平成13年度から新市町村振興宝くじ(通称:オータムジャンボ宝くじ)が、都道府県を通じて発売されています。
 オータムジャンボ宝くじの収益金は、サマージャンボ宝くじと同様の方法で各都道府県から各都道府県市町村振興協会に交付された後、各市町村に全額交付されます。
 交付された収益金は、公共事業をはじめ高齢化・少子化対応、芸術・文化の振興、災害対策、地域経済の活性化、環境保全など総務省令(地方財政法第32条に規定する事業に定める省令)で定める事業に活用されています。

  オータムージャンボ宝くじの流れ
▲ページトップへ