協会概要

協会概要 設立の趣旨 情報公開 所在地

協会概要

法人名 公益財団法人千葉県市町村振興協会
代表者 理事長 根本 崇
所在地 千葉市中央区中央4丁目17番8号千葉県自治会館8階
電話番号 043-311-4162
FAX番号 043-227-7664
設立年月日 昭和54年4月1日
(平成24年4月1日に公益財団法人へ移行)
目的 千葉県内の市町村の健全な発展を図るために、市町村振興宝くじの収益金等を活用し、市町村の財政支援のための貸付事業、交付金交付事業、助成事業等市町村を支援する事業を行い、もって県民福祉の増進に資することを目的とする。
事業 (1)市町村の災害時における緊急融資事業及び災害防止対策事業並びに緊急に整備を要する施設等整備事業に対し資金貸付事業を行うこと
(2)市町村振興宝くじの交付金を市町村へ交付すること
(3)市町村の職員を対象として行う研修事業に助成すること
(4)市町村が共同して行う市町村の振興に資する事業に助成すること
(5)市町村の職員を対象とした研修事業を行うこと
(6)市町村振興宝くじの販売促進のための広報宣伝事業を行うこと
(7)市町村の広報支援事業を行うこと
(8)市町村等の振興に関する調査研究及び資料等の収集並びに情報提供を行うこと
(9)前各号に掲げるもののほかこの法人の目的を達成するために必要な事業を行うこと

設立の趣旨

 

 宝くじは、もともと都道府県と政令指定都市が発売権を持ち、収益金は都道府県と政令指定都市の公共事業等の財源に役立てきました。

 市町村の財政状況が厳しい中、全国市長会が中心となり市町村関係団体が自治大臣に対し、都道府県に加え一般市町村でも宝くじを発売できるよう要請し、昭和54年から「市町村振興宝くじ(サマージャンボ宝くじ)」の発売が開始されました。(発売元は都道府県)

 この「市町村振興宝くじ」の収益金は、市町村の振興に資するための経費に充てるものとされており、収益金を効果的に活用する機関として、各都道府県に財団法人市町村振興協会が設立されました。
 
 当協会は、千葉県知事の許可を得て昭和54年4月1日に設立し、平成24年4月1日から設立目的の一層の推進を図るため、公益財団法人に移行しました。

 
 
評議員会 評議員・理事・監事の選任・解任、決算の承認、定款の変更等を決議する機関で、評議員6名で構成する。
理事会 本協会の業務執行の決定、理事長・常務理事の選定・解職を行う機関で、理事6名(うち理事長1名、常務理事1名)で構成する。
監事 理事の職務の執行を監査し、法令に定める監査報告書を作成し、協会の業務及び財産の状況を調査する機関で、3名の監事が選任されている。
 
評議員 任期4年
理事(理事長・常務理事含む) 任期2年
監事

情報公開 -事業計画・収支予算-

事業計画
収支予算
 
H24年度 事業計画書 PDFファイル
PDF17KB
 
H24年度 収支予算書 PDFファイル
PDF79KB

情報公開 -事業報告・決算報告-

事業報告
決算報告
 
H24年度 事業報告書 PDFファイル
PDFXXXKB
 
H24年度 決算報告書 PDFファイル
PDFXXXKB

情報公開 -電子公告-

  平成23年度 貸借対照表(平成24年3月31日現在) PDFファイル
PDFXXXKB

       
   
▲ページトップへ